Learn and enjoy foreign exchange.
To make maximum use MT4.

外為取引を学び、楽しみ
MT4を最大限に活用する

               
FX 超級ガイド
Menu
トップページ
  FX 初級ガイド
    MT4導入
    FXのしくみ
    FX基本用語
    取引開始までの流れ
    MT4とは?
    MT4の利用
    MT4の活用
    MT4でのトレード
    MT4での資金管理
 
    インディケーター利用
    インディケーター活用
    注文手法
    相場を見分ける
    オシレーター型手法
    トレンドフォロー型手法
  FX 上級ガイド
    トレイリングストップ
    ダブルオーダー
    ナンピン
    ピラミッティング
    マーチンゲール
    ココモ
    モンテカルロ
  FX 超級ガイド
    オリジナル作成
    オリジナル調整
    EA作成
    EAテスト
  インディケーター
    MovingAverage
    Stochastics
    RSI
    MACD
    HighLowBand
    ATR
    ダウンロード後の使用方法
  販売
    FX Trace Angle
    FXEX ChaseOrder
  FX会社
    FX会社比較
 
マーチンゲール
     
 
 
マーチンゲール
ギャンブルの世界で有名なマーチンゲールの法則にるいて説明していきます。
増額投資法というカテゴリになりますが、使い方によっては非常に有効なので、その理論について説明していきます。
 
マーチンゲールの法則とは何か?
マーチンゲールの法則は、「負けとなった次の取引で投資額を2倍にさせて投資する事で、勝った時に負け分を帳消しにして更に利益を出す」という方法です。
1万円の投資で負けた場合は、次は2万円で投資して、そこで勝てれば、1万円分の負けが帳消しになり、1万円分は勝ちになるという計算です。

マーチンゲールの法則は、18世紀にフランスのマーティギュー地方のカジノで、コインの表か裏かを当てるギャンブルで使われた事からその名がついたと言われています。
掛け金を倍々と増やしていく方法で、無限の資産があるのであれば「必ず勝てる」と言う理論だった事で、多くの人がマーチンゲールを使いギャンブルを行いました。
しかしながら、結果として多くの人達が破産する事になりました。
その要因として言われているのが、増えていく投資額に対して自己資金が足りなくなった事と、カジノ自体に最大投資額の上限あった為に理論を正しく実践できなかった為と言われています。
後に、確率の専門的な研究家などにより解析と研究がが行われ、「マーティギュー地方」から名前を取った「マーチンゲールの法則」と言われるようになりました。
 
マーチンゲール投資法
単純に100円の投資で勝つと100円に負けると0円になる方法で投資をすると下記の表のようになります。

勝率が50%の投資内容で勝てば倍であれば10連敗する可能性は1000回に1回の計算になります。
これで100円を積み上げていけば良い計算になります。
1000回の投資で、
+100,000円
 -51,200円
という結果になるので、確率どおりであれば48,800円の利益が出ます。
運悪く、1000回で2回負けてしまうと2,400円の負けになります。
一見非常に優秀にも見えますが、投資でのリスクリワードを考えると程よいリスクと程よいリターンであるという計算になります。
 
FXでのマーチンゲール投資法
FXでマーティンゲール手法を考えると下記の表のようになります。

投資金額に応じて出る利益は異なってきますが、今回は1%の利益が出る計算を行います。
勝率はスプレッドを考慮する必要があるので、考慮すると勝率は落ちます。
表では負ける確率を表記していますので、負ける確率は上がってしまいます。

仮にストップとリミットを10Pipsとした場合にスプレッドが2あれば、勝率は落ちます。
20Pipsの幅の中でハンデが2ある状態でスタートになります。
10Pips利益方向に動く確率と8Pips損方向に動く確率になるので、負ける確率は55.56%程度になってきます。
この計算でいくと1000回の投資で3回ほど負ける計算になります。
となると、1000回の投資をすれば確実に負債が残る確率になるので計算上は破綻していると言えます。


ストップ幅を広めにすると勝率を5割に戻す(負け率も5割)する事は可能です。
ですが、その分負けた時の損益幅が大きくなってきます。

途中(3回目以降)からは勝っても損が残る計算になるので、勝率を上げると投資額も倍では足りないという事態に陥ります。
ですのでなかなか簡単にFXでマーチンゲール手法が成り立たないようになっています。
 
加重マーチンゲール
FXでマーティンゲール手法を実践しようとすると下記のような計算が必要になります。
単純なストップとリミット幅では勝率が維持できないので、5割になるストップラインとリミットラインの設定が必要になります。
そうなると、単純な資金の倍投資では利益を確保できません。
ですので、加重率を上げて2.2倍や2.3倍で投資を行う事になります。


実際に単純計算で1回の投資資金の2000倍以上の余剰資金がないと10回目までのチャレンジはできません。
それが維持できるのであれば、有効な手段だといえます。
ただし、1回目の投資資金が小さくなる上に、取れる利幅を考えると非常に非効率的な計算になってしまいます。
 
マーチンゲールの計算
マーチンゲールは非常に多くの資金がないとなかなか成立はしません。
しかし、しっかりと計算できていれば有効な投資手法だとは言えます。
計算するためには下記のエクセルなどでしっかりとロットを計算してください。

FX Extreme Martingale.xlsx

上記を使って正しく計算を行った方がよいと思います。
これを使えば正しいロットが計算されます。

 
動画解説
 
 
     
     
 
Copyright © 2017 facion All Rights Reserved.